2008年 12月 08日
JAGDA『Graphic Design in Japan 2009』審査会見学
先日2日に東京で開かれた、JAGDA年鑑の審査会の見学に行ってきました。
一昨年、昨年と、ロゴ部門で入選はしていますが、
実際に会場に並ぶ作品達は、どのような仕様で出品されているのか?
全体のレベルは?審査員の目は?ポスターなどの生の作品はどんな質感か?
B倍の連作ってどう見えるのか?などなど、知りたいことがたくさんあったので。。

今回僕はロゴを9点、タイプフェイス1点、ポスターを3作品9種類出品していたので、
自分の作品がどこに並べられているかを確認した後、審査員が立ち止まるのか?
票を入れるそぶりがあるか?などをドキドキしながら見守りました。

自分の作品に限って言うと、入選のラインに微妙に届かなかったか。。という印象でした。(泣)
でもポスターでは入選するかしないかというラインまでは票が入っていたことと、
票は少なくても、憧れの審査員が票を入れていれたり、足を止めてくれるだけでも
興奮ものでした^^(各審査員が持っている投票用紙に記入していく方式なので、
実際には票が入っているかはわからないんですが。。)

今回は同じ大阪会員の方も一緒だったので、一人で作品を見るよりも
あ〜だこ〜だ言いながら見ることができたので、勉強になりました。

自分に足りないものは何か、今後の課題なども見えてきました。
来年の応募までの一年間で、どこまでそれを掘り下げて身につけていくかが
大切だと思っています。


>>>ロゴデザインの実績はこちらから

ロゴデザインについてのお問い合わせ・お見積もりはcosydesign.comまで

cosyの筆文字ブログ

↓応援ありがとうございます!1日ワンクリックで応援お願いします^^

[PR]

by cosydesign | 2008-12-08 22:30 | + Design


<< 写真を担当させていただいた大学...      潮の香りとハト その1  Ni... >>